カテゴリー
  • あおやま日記 (52)

  • アーカイブ
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年11月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月

  • ごあいさつ 病院案内 診察時間・アクセス 総合健康診断・歯 ホテル・美容 病院詳細
    2016年 6月
    2016/06/28 全身麻酔??

    動物も人間と同様に高齢化が進み癌や心臓病が増えています。

    特に癌に関しては手術になるケースが多いのですが、持病(心臓弁膜症や慢性腎不全等)があったり高齢だったりと手術に耐えられるかが非常に大きな問題となってきます。

    今回は16歳で初期の慢性腎不全を患っている猫のミーちゃんです。

    肛門付近の癌で日常生活に支障をきたすため、3ヶ月前と今回の2回、手術を頑張りました。

    IMG_3140

    これは3ヶ月前、手術で摘出した癌です。

    今回は同じ部分の再発で、前回よりかなり小さいサイズで手術することになりました。

    IMG_3541

    全身麻酔はもちろんリスクはありますが、全身状態をきちんと把握して対処することでより安全な手術をすることが出来ます。

    手術時の麻酔モニターも最新の機器を導入して血圧、心電図、体温、ETCO2、SpO2、さらに一回換気量も測定できるようになりました。

    IMG_3550

    手術後はICUに入り酸素濃度、気温、湿度を管理して覚醒を待ちます。

    IMG_3554

    無事、問題なく覚醒しました。ちょっとボーッとしているミーちゃん。

    もちろん全身麻酔による手術のリスクはありますが、今回はミーちゃんの頑張りと飼い主さんの決断により良い結果を得る事が出来ました。

    もっともっと長生き出来るように病院スタッフ一同、サポートしていきたいと思います。

     

     

    |
    2016/06/17 お気に入り

    看板犬のお絹ちゃん(^▽^)/

    IMG_3502[1]

     

    この様子を見て、「あれは何をガリガリしているのですか?」と、よく質問されます。

    これは鹿の角です。

    鹿の角を噛むことで、歯垢や歯石の沈着を抑えられ、

    口臭を軽減することができます。

    漢方にも使われる鹿の角の栄養価は、グルコサミンやコンドロイチンなどが含まれています。

    とても硬くて、非常に長持ちするので、噛むことが好きなわんちゃんには

    補助おやつ、ストレス解消としておススメです。

    ただし、注意事項として

    長時間遊ばせるのは避けること

    飼主さんの目の届く範囲で遊ばせること

    飲み込める大きさになる前に破棄すること

    などがあります。

    病院にはこの他にも毎日のデンタルケア商品を置いてますので、

    お気軽にお尋ねください(*^-^*)

    |